北の酒から(北の酒歌)

北海道の地酒42銘柄 聞いたこと、見たこと、飲んだこと ありますか? 酒歌シリーズ第一弾

北の微笑(きたのほほえみ)、夢滴(ゆめしずく)、杜氏の夢呑(とじのゆめのみ)、雪晒し(ゆきさらし)

北斗随想(ほくとずいそう)、男山(おとこやま)、霧氷(むひょう)、海霧(うみぎり)、千羽鶴(せんばづる)

二世古(にせこ)、国稀(くにまれ)、千歳鶴(ちとせつる)

よしこ(よしこ)、随想(ずいそう)、霧小町(きりこまち)

 

摩周(ましゅう)、冬凪(ふゆなぎ)、夢きらら(ゆめきらら)、北斗発祥(ほくとはっしょう)、雪中花(せっちゅうか)

微笑み一献(ほほえみいっこん)、寶川(たからがわ)、まる田(まるた)、花華(はなはな)、おらの酒(おらのさけ)

大雪の蔵(たいせつのくら)、北寶(きたたから)

徳富(とっぷ)、吟風(ぎんぷう)、ななかまど(ななかまど)

 

北の誉(きたのほまれ)は、雪の花(ゆきのはな)、国士無双(こくしむそう)や、雪だるま(ゆきだるま)

雪のかおり(ゆきのかおり)に、北の勝(きたのかつ)、雫の浪漫(しずくのろまん)、熊古露里(くまごろり)

小樽の貴醸酒(おたるのきじょうしゅ)、福司(ふくつかさ)

鮭ひれ酒(さけひれざけ)、北輝光(ほっきこう)

 

北海道男(きたみみちお)作