戸井線アーチ橋と津軽海峡にかける橋

 本州に一番近い北海道、それは渡島半島函館から東へ車で小一時間の汐首岬である。

 本州下北半島大間町へは17.5㎞、晴れた日には下北半島が手に取るように見え、国際海峡である津軽海峡を通る大型コンテナ船は、下北半島のシルエットの前をまるで大河を航行しているかのように通過する。

 汐首岬のある戸井町(函館市)には、この最短の海峡に橋を架けようという計画がある。あったといった方が良いか。国際海峡であること、水深が深いこと等技術的問題と経済性の問題で今だ実現の目処はたっていないが、今でも函館市役所戸井支所前には「目指そう早期実現」「本州北海道連絡橋」のスローガンが鮮やかに立つ。

 

 ところで、この汐首岬の近くでは見事なアーチ橋を見ることもできことに気付いているだろうか。

 国道の左手、山の中腹をトンネルを伴って複数のアーチ橋が続く。これは1934年建設が始まった函館から戸井、椴法華(とどほっけ)、川汲(かっくみ)と渡島半島の東部を回って砂原(さわら)に至る鉄道構想(戸井線)の名残だ。結局は建設途上、一部を短期間物資輸送に利用されたのみで中断、戦後も建設は再開されず残されている。

 戦中の粗悪な資材とその後の放置による風化で今後もその役割を果たすことは無いであろうが、見ておきたい遺産だ。近代土木遺産にもなっており、鉄道ファインならずとも見る価値はある。

 津波避難路を登って線路跡を歩いてみたが、トンネルと共に原野に戻りつつある。そこから観る、津軽海峡と下北は青かった。

 

*函館市役所戸井支所を訪ねてみた。「アーチ橋」「本州北海道連絡橋」いずれもパンフ資料は無かった。支所前にあれほど立派なモニュメントがありながら? 反応は「・・・・・・?」。